こんにちは!解体工事を行っている焼津市の株式会社中森工業です。
弊社では静岡市内を中心に、静岡県内でさまざまあな解体工事にご対応しております。

このコラムコーナーでは、弊社が長年の業務に関する豆知識やその他ちょっとした情報をご紹介しております。

さて、今回は「解体工事の将来ってどうなるの?」という疑問に簡単にお答えしましょう!

3Kは昔のおはなし


3Kという言葉に聞き覚えがありますか。
いわゆるキツイ・汚い・苦しいを指す3K、かつては頻繁に使われていた言葉ですが、現代ではあまり聞くことが少なくなりました。

言葉自体が古くなって廃れたという見方もありますが、やはり実際にそういう仕事がなくなりつつあるということが理由だと考えられます。

ただ固定観念としての3Kというのは一部の人々の間では残っているかもしれません。
土木関係の仕事も長きにわたってその固定観念の色眼鏡で見られてきたわけですが、そろそろそのイメージを払拭するべきときがきていると感じています。

解体工事を含む土木工事の施工には、必ずきっちりとした計画が存在しますし、工程管理もその専門の人員によって確実に行われます。

ですから原則として、定時できっちりと上がる、休日はしっかりと休む、それが当然なのです。

いろいろな人材が活躍中!

解体工事の仕事には、異業種からの転職組もいれば、未経験からはじめた人もいます。
多種多様な人材がチームを組んで活躍できるのが、この仕事の良さであり強みであるかもしれません。

いろいろな人材を活かしていくというダイバーシティが叫ばれるようになりました。
ダイバーシティ、すなわち多様性を持つこと、それこそが会社や企業が生き延びるために必要な戦略だと多くの人が気づきはじめています。

解体工事や土木工事の業界も例外ではなく、さらなる多様性を求めて、様々な人材を集めていきたいと考えています。

地域に必要とされる工事


町というのは不思議なものです。
それじたいが生き物であるかのように、繁栄と衰退を繰り返します。

かつて繁栄を誇った団地も、いまや高齢化が進んでいて、なかには衰退の一途を歩みつつあるものも存在します。

町も同じです。
かつて若かった町は、やがて成熟し老いていく。
町に新たな活気を呼び込むためには、いったん古いものを壊していくという工程がどうしても外せません。

ですから解体工事は、今あるものを解体することで、新たなものを生みだす土台を作る仕事ともいえるわけです。

町に、地域に、解体工事が必要とされるわけはこれでお分かりいただけると思います。

ここまで、「解体工事の将来ってどうなるの?」についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

本コラムを読んで解体工事のイメージが変われば嬉しく思います。

株式会社中森工業で解体工事に挑戦してみませんか?


弊社ではただいま業務拡大に合わせて、求人募集中でございます。

経験者・未経験者ともに大歓迎!
20代から70代まで幅広い年齢のスタッフが活躍しており、和気あいあいとした雰囲気の中で安心して働いていただけます。

「建設業関係の仕事に挑戦してみたい!」
「解体工事の技術を身に付けたい!」
という方は、ぜひ求人情報ページをご覧ください。

皆様のご応募をお待ちしております。