コラム

column

解体工事でスタッフたちが注意すべきこと

こんにちは!
静岡県焼津市を拠点に、静岡市駿河区や静岡県藤枝市など県内各地にて家屋の解体工事を主に承っております、株式会社中森工業です。
平成20年に創業して以来、ただ壊すだけでなく造ることまで考えた解体工事を、これまで数々の現場で手掛けてまいりました。
さて今回は、これから解体工事にチャレンジする皆様に向けて、実際に工事を行う上でご注意いただきたいことをお伝えいたします。
解体工事はどうしても危険が伴う仕事ではございますので、ぜひ最後までご覧いただけますと幸いです。

近隣住民の方への配慮を忘れないこと

遠目重機
解体工事は手壊しでも重機を使った解体でも、騒音や粉塵、振動などが発生します。
周りに何の建物もない、誰も住んでいないといった状況であることはまずないでしょうから、解体工事を行う際は近隣にお住まいの方への配慮を決して忘れてはなりません。
万が一配慮が欠けていてクレームなどに発展すると、最悪の場合、解体工事自体が取りやめになってしまうこともございます。
せっかくご依頼をくださったお客様のためにも、気持ち良く工事が終えられるように工夫していきましょう。

重機の扱いは十分注意すること!

重機を使って解体工事を進めていくと、スムーズに作業が終えられるのでどんどん解体したくなるものです。
しかし重機の扱いを一歩誤ると、解体工事の現場では大事故に発展するケースもございます。
ただ怪我をするだけでなく、コンクリートの破片が落下した先に他のスタッフが居ると、命に関わることもあるでしょう。
解体工事全般を通して安全管理は徹底しなくてはなりませんが、重機を扱う際はより慎重に作業を進めていってくださいね。

デキる解体工になりましょう!

ジャンプ
解体工事を行う上でご注意いただきたいことをお伝えいたしましたが、今後業務を進めていくにあたって、参考になりましたでしょうか。
このようなことを注意しながら、そして技術的にも成長して、デキる解体工を目指したいということでしたら、中森工業の求人にぜひご応募ください。
少数精鋭の会社で周りの先輩たちとの距離感も近く、いつでも質問しやすい環境ですし、丁寧な指導を受けられます。
業務量も潤沢でさまざまな解体工事に挑戦していただけますので、将来的にもきっとご安心いただけるのではないかと自負しております。
解体のプロとして、共に成長していきましょう!
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。